ハウスメーカーをうまく活用!満足度のアップにつながるポイントを丁寧に解説

当サイトは満足度のアップにつながる家づくりのポイントを丁寧に解説しています。
ハウスメーカーをうまく活用することで、希望に合うような家が建てられる可能性があるのでおすすめです。
防災や防犯に対する住宅メーカーの姿勢も、依頼する前には確認しておきたいところです。
これは安心して暮らせる家づくりに必要なポイントとなります。
また住宅メーカーの技術力の事前調査も重要です。
技術力は家の仕上がりに大きく影響するからです。

ハウスメーカーをうまく活用!満足度のアップにつながるポイントを丁寧に解説

家を建てるときには満億度の高い家づくりをしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には、いくつかのポイントを押さえてハウスメーカーに依頼することが大切になります。
その1つは暮らしやすい間取りや収納の配置です。
これらは家を建てる前にハウスメーカーとよく相談をしておくことが大切です。
またメンテナンスのしやすさも考えておく必要があり、この点でも相談の上計画をしておくことをお勧めします。

ハウスメーカーと工務店の主な相違点

マイホームを建てたいという時、ハウスメーカーと工務店の相違点があまり分からず、どちらに依頼した方が良いのか迷ってしまうというケースも多いです。
家造りをする際は両方の違いを知っておく必要があります。
まずハウスメーカーですが、こちらは全国展開している大手の企業のことを言う場合が多いです。
全国展開しているので規模も大きく、また自社で建材などの規格が統一されているため工期が短いという特徴もあります。
商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感も高いです。
モデルハウスが建てられているケースが一般的で、実際に家を見学できるも魅力となっています。
工務店は特定のエリアで施工を行い、地域密着型となっているケースが多いです。
規模や営業のスタイルは色々で、社長と職人で構成される昔ながらの小さなところもあれば、規模が大きく着工棟数の多いところもあります。
ハウスメーカーより、間取りやデザインの自由度が高いのが魅力です。

ハウスメーカーが用意しているプラン

家の購入は多くの人の憧れであり、夢であると言えます。
家を購入すると一国一城の主になることができ、誰にもとがめられずペットを飼ったり楽器を演奏したり、庭で家庭菜園やバーベキューをして楽しい生活を営むことができます。
マンションと違って自由度が高いので、一戸建ての購入にあこがれる人も多いんです。
家の購入にはハウスメーカーで購入することを考えている人も多いでしょう。
ハウスメーカー各社は競争が激しく、消費者にむけて斬新な建築プランやb工法、差別化を図っています。
例えば災害や地震に強い2×4工法を強みとしてプランを提供してるハウスメーカーもあります。
また北欧住宅やアメリカンハウス、サーフハウスなどスタイリッシュでお洒落な建築に特化したメーカーも存在します。
最近では自家発電や、ソーラーエネルギーに特化したエコでSDGsな家を強みとしているハウスメーカーも多く見られます。
自身のライフスタイルや価値観に合わせてメーカーを選択していくとよいしょう。

ハウスメーカーごとに異なる得意分野

ハウスメーカーにはそれぞれ得意分野というものがありますので、ハウスメーカー選びをするときはその点にも配慮しながら比較しなければなりません。
断熱性能を高めるための工法や資材にこだわっているメーカーもあれば、優れたデザイン力でインテリア性を向上させることに力を入れているメーカーもあります。
コストパフォーマンス重視の家づくりを得意としているところもありますし、アフターサービスがウリのところも多いです。
得意分野やセールスポイント以外の部分が乏しかったりもしますので、リサーチはしっかりと行うべきです。
それを見極めるためにすべきことについてですが、複数のハウスメーカーに見学を申し込んでモデルハウスを見比べる、体験ブログや口コミサイトへの投稿やSNSのつぶやきなどを見て実際にそのハウスメーカーで家を購入した人のリアルな声をチェックする、パンフレット請求をして概要を比較するなどがあります。
時間をたっぷりと使って吟味しましょう。

ハウスメーカーに相談するときの心得

マイホームの購入の計画を立てる際にいちばん最初に決めるべきことは、依頼するハウスメーカー選びです。
購入前から色々とアドバイスや提案をしてもらう必要がありますので、ハウスメーカーの決定は早いに越したことはありません。
ハウスメーカーが決まったら、問い合わせをして初回の相談をします。
そのときの心得についてですが、窓口となる本社や営業所や事業所に行く際は、事前に予約をしておくべきです。
予約をせずに行ってしまうと何時間も待たされたりおざなりな対応をされたりしますので、スムーズなやり取りを望んでいるなら予約手続きは必須です。
電話かホームページの専用フォームで手続きを済ませておきましょう。
予約をすればハウスメーカー側もそれなりの対応をしてくれますし、準備万端でホスピタリティに満ちた対応がなされ待ち時間も少なくて済みます。
相談時間は限られていますので、聞きたいことや不安な点を箇条書きにしたメモを持参すると安心です。

著者:今井博

筆者プロフィール

新潟県長岡市生まれ。
結婚し子供ができたことを機に、一戸建てで生活を始めました。
この経験をもとに、ハウスメーカーに関する記事を書いています。
苫小牧のハウスメーカーはこちら